になが〜く撮影できるパノラマ写真が非常に面白い!

FullSizeRender

この写真は近くの河川敷で撮ったものです。

空の雰囲気が伝わるように意識して撮影しました。

今僕の中でパノラマ撮影にすごく可能性を感じています。

これまでちょくちょくパノラマ写真を撮影してきたので、写真を交えて感じたことを書いていきたいと思います。

 

より多くの空間を撮影できる

パノラマ写真の1番の魅力は”より多くの空間を撮影できる”ことにあると思います。

通常の写真とは違って、1つの方向だけでなく右から左に見た景色を撮影することができます。

カメラなどによると思いますが、180度くらいは撮影できます。

以下の2つの写真では雰囲気がだいぶ違うと思います▼

IMG_8777 のコピー

 

IMG_8777

 

見える範囲が違うだけで写真の印象がだいぶ変わります。

パノラマ写真は撮影時の空間を伝えるのにぴったりだと思います。

 

これまで撮ったパノラマ写真

FullSizeRender 2

この写真は中部地方に旅に出た時に撮影しました。

天気が快晴で、あたりは田んぼと山に囲まれていました。

その時に広大な山の雰囲気を撮影するべくスマホで撮影しました。

おのずとベストな撮影位置を探して田んぼの間の雑草を掻き分けてました。

クモなどの虫もいましたが、撮影スポットのためにならなんのその。

太陽が輝きすぎていますが、田舎の山の雰囲気が感じられると思います。

 

IMG_8729

こちらも旅の途中に撮った写真です。

諏訪湖(すわこ)という湖を早朝のたしか5時頃に撮影しました。

朝のひんやりとした気温、小鳥がチュンチュン鳴いている空気感を思い出します。

撮影場所の左右が道だったりすると手前側(下方)に向かって写真が湾曲します。

 

パノラマ

一番お気に入りのパノラマ写真です。

明治神宮で撮影しました。

パノラマ写真を撮って遊んでいる中で、たまたま前で写真を撮っている観光客が入りました。

今改めて見ると、奥の社のバランスが左によっていて悪いので、もう数歩右に移動した場所から撮影すれば左右均等なシンメトリーな写真になったかもしれません。

 

iPhoneで撮影する方法

僕が使用しているのはiPhone6。

パノラマ撮影できるのはiPhone4s以降のモデルになります。

まずはカメラアプリを起動します▼

IMG_9451

 

撮影モードを右にスワイプして『パノラマ』にして、シャッターボタンを押します▼

IMG_9439

 

そのままの状態でカメラを徐々に右に向けていきます▼

IMG_9440

矢印も右に動くのですが、上下にも動きます。

中央の黄色い線で水平を取っているので、右に動かしながらも矢印の先が黄色い線に合うようにバランスをとりながら撮影します。

 

そうして撮れたパノラマ写真がこちら▼

kro

 

水平に撮る上下の感覚と、動かすスピードがちょっと慣れがいるかもしれません。

僕は自分の表現したい撮影方法が見つかったので、黄色の線から大きく逸れてもほとんど無視しています。

 

その他

今は360度カメラがあるのでパノラマよりももっと多くの空間を撮影することができます。

というよりは360度なので全空間の写真を撮ることができます。

でも問題として360度の写真データがあっても見るための道具があまりありません。

スマホに表示された360度写真や動画をグリグリ指で動かして見るか、ヘッドマウントにして頭を動かしてその世界に投入するかくらいしかありません。

パノラマ写真であれば、簡単に写真としてパッ!と見ることができるのでそれは1つのメリットだと思います。

とはいえ、スマホでパノラマ写真を見るのと、パソコンでパノラマ写真を見るのとでは大きく印象が違います。

スマホでパノラマ写真を見ても圧縮されてしまうので、あまり面白さが伝わらないかもしれません。

 

もっともっと、シュチュエーションによってパノラマ写真で面白い写真が撮れると思います。

この記事を読んでアイデアや興味が湧いたなら、ぜひパノラマ写真を試してみてください!

 

 

ココロが動いたらシェアを♪