densya

ま〜に、何かをきっかけに「これだっ!」と思えることが頭の中に吹き出す。

人と喋っていたり、ネットで記事を読んでいたり、作業していたりする時など。

たとえば僕は、大学4年次の冬に「自分の働き方は就職ではない!ゆくゆくは起業することなんだ!」とメチャメチャ強く思った。

「一生お金に困らないためには、就職では多く稼ぐことができないから、起業してビジネスして、最後は投資家になればいいんだ!」

そう思ったのは、”金持ち父さん貧乏父さん”という本を読んだからだ。

こんな感じでたま〜に「これだっ!」と思うことが頭に浮かぶ。

 

でも、強く思った大概のことは2~3日もすれば忘れてしまう。

 

強く思ったことってすごく重要

できれば毎日のように、良いアイデアやひらめき、確信に近い考えとか思い浮かんでくれたら最高だ。

自分が普段悩み、考えていることって、なかなかまとめられないけど、まとまると自分で気持ちを表現しやすくなって、さらに相手にも伝わりやすくなる。

ぼくがブログやYouTubeなどのネットメディアで行なっている活動は「自分で稼ぐ力を身につけて、ワクワクしてる人生を送る!」この言葉にまとめた。

今はこうしてまとめることができたけど、納得できるまでにはたくさん思考を巡らせた。(あっちでもない! こっちでもない!…)

でも、何かに”違和感”があるんだけど、自分が何をやりたいのか(そうではなくて僕はこうなんですって表現)をうまく表現することができなくて悶々としている状態っていつもあります。

だから何かの拍子に”強く思ったこと”ってすごく重要だと思う。大事にしないといけないと思う。

自分がこれまで悶々としていた「表現したかったけど、表現できなかった”想い”」が”強く思ったこと”だったりするから。

 

強く思ったことは頭に”記憶”するんじゃなくて、メモに”記録”しておくべき

どんなに良いひらめきでも、忘れてしまえば”無”になる。

いつ思い出せるかわからないし、「重要なことを強く思った」ってことすら忘れてしまうかもしれない。

自分の記憶なんて信じられない。

そうであれば、メモに記録すれば確実。

だからいきなりパッ!とやってきた「強く思ったこと」は僕はevernote(エバーノート)のアプリにメモを残すようにしている。

メモを取る習慣って一般的にはあまりないかもしれないけど、自分が大事だと思った言葉を残して考えることで、自分の考え方(=世界)が広がるし、表現の幅が広がるので、ぜひ取り入れるべきだと思います。

 

ブログで書けば、復習にもなるし、残るのでまた見ることができる

ブログってWeblog(ウェブログ)の略なので、「ウェブ上に記録」するって意味のサービス。

なので一度書いたブログの記事は基本的にウェブ上にずっと残ります。

たとえば家で「強く思ったことなんて2~3日で忘れてる」ってブログ記事を書いたとします。

5年後にアメリカに移住して「そういえば、強く思ったことについての記事書いたなー」と思って、当時とは別のパソコンから自分の記事を検索します。

すると5年前の記事を見て、5年前の自分が何を思っていたのか知ることができます。

こんな感じで、ブログに書いたことってウェブ上に残っていろんな時間や場所からアクセスできる魅力があります。

そもそもブログを書く時って「どういう順番で書こうか」とか「なにを言いたいのか」など考えたりするので、思ったことの復習になります。

最終的にはブログっていいよねって話になりましたが(笑)、強く思ったことなんて2~3日で忘れる、だからブログに残すのオススメってことです!

 

もちろんこの記事も、僕が”強く思ったこと”の1つです。

 

ココロが動いたらシェアを♪