これからはVR(ヴァーチャルリアリティー)の時代が来る!

それはおそらくプレイステーションVRの発売(2016年10月)を期にぐんと加速するんじゃないかと思います。

VRは360度の映像を視聴できる技術で、今では360度の映像を撮影できるRICOHのthetaなどのカメラが登場しています。

そして僕の愛用しているアクションカメラ『GoPro』でも、”あるアイテム”を利用することでVR映像を撮影することができます。

その名も『Omni(オムニ)』▼ ※パソコンはクリックしながら移動で360度視点を操作できます。スマホならスマホごと移動、またはタップで視点操作できます

普通の360度撮影できるカメラ大きく違う点はやはりGoProならではのアクティビティーの環境で撮影できることにあるでしょう。

冒頭のスキー映像や3つ目の水中での映像といった他の360度カメラでは撮影が困難な場所でもGoProを使った『omni』ならではの映像を撮影することができます。

 

GoProのVR映像撮影システム『omni(オムニ)』とは?

出典: <a href=
https://jp.shop.gopro.com/APAC……6-EU.html” width=”750″ height=”399″ /> 出典: https://jp.shop.gopro.com/APAC……

GoProのHERO4 Black6台を使って360度映像を撮影するための装置です。

製品内容には360度のVR映像を編集するためのソフト『Kolor』が同梱されており、HERO4 Blackを使用することで最大8Kの映像が撮影できるようになります。

価格は614,700円と素人買うには結構高額なシステムです。なので専門性の高い映像クリエイター向けの商品と言えそうです。

この製品にはGoPro Blackが6台と編集ソフト『Kolor』などが付いていますが、『Omni』単体では184,000円で購入することができます。

見た限りではomni自体はGoProを多面に設置するプラスチックのアイテムくらいにしか見えず、それだけで18万円もするのかと思いますが、omni本体は一体どんな機能を備えているのか気になりますね。

『omni』の1番の特徴はやはりアクションカメラによるVR映像が撮影できるところにあるでしょう。

「どんな空間をVR映像で撮影するか?」

これまでのカメラと大きく違って、空間全部を撮影するVR映像ならではの特性を考えて撮影していくと思うので、撮影方法を考えていかなければなりません。

僕はたいしたアイデアが思い浮かびませんね。。。

普通に絶景とかを撮影しているだけではすぐに飽きてしまいそうです。

 

『omni』は8月17日発売で、それまでは予約受付しています。

『omni』公式ページはこちらから▼

Omni™ – All Inclusive

 

 

 

ココロが動いたらシェアを♪