スクリーンショット 2014-04-08 16.13.12

マーケティングにおける4つの要素。

これらの要素を組み合わせることを俗にマーケティングミックスと呼んでいる。

● Product(製品)

● Price(価格)

● Place(場所)

● Promotion(販売促進)


    「ビジネスを始めるときって何を考えたらいいかわからない」 僕は起業したいと考えるようになってからそんな疑問をいだきました。
自分でビジネスをしたことがない人は ほとんどの人が何をしたらいいかわからない という状態になると思います。

そんなときにビジネスをするにあたっての ビジネスを作る”骨組み”「4P」という概念があります。

「4P」は自分でビジネスをしたい人だけではなく 会社に勤めている人が自分の会社が何をしているかが 見えるための方法でもあります。

ビジネスは4Pをベースとして組み立てます。

逆に4Pの概念を押さえてないとビジネスはできません。

4Pは4つのPから始まる 単語の頭文字から成り立っています。

・Product(プロダクト)=製品


〜どのようなモノ、サービスを売るのか?〜   まずビジネスを始めるにあたり 売る”モノ”や”サービス”がなければできません。   リンゴ、フレンチ料理、家、 パソコン、ネジ、服、マッサージ、 英会話、Facebook、SNSなのか、、、 モノ、サービスは様々です。    

・Price(プライス)=価格


〜どのような値段で売るのか?〜   製品があるとそれに売るための値段を付けます。 ¥1980、¥1999、¥2000、¥2160 値段の付け方次第で印象はガラリと変わります。      

・Place(プレイス)=場所、流通


〜どのような経路で場所まで運び売るのか?〜   自転車、バイク、トラック、船、飛行機 商業施設、出店、自宅、 自社サイト、Amazon、オークション、、、    

 

・Promotion(プロモーション)=販売促進


〜どのように魅力を伝え、買うことができるのか?〜   テレビCM、新聞広告、自社ホームページ、 Facebook、Twitter、ネット広告、アフィリエイト、 YouTube広告、、、 また支払いの決済方法で 現金、クレジット、PayPal、Suica、ID、、、     ビジネスでモノ、サービスと交換にお客さんにお金をいただく。 そのための 道筋をつくるのに4Pが必要になるのです。   モノやサービス(Production)を用意し、 値段(Price)を決め、 流通経路、売る場所(Place)を決め、 宣伝、購入方法(promotion)を決める。     コカコーラならば コーラという飲料があり、(Production) 自動販売機では¥100、店舗なら¥150(price) という価格を設定して、 工場からトラックなど自動車で運び、 自動販売機、コンビニ、スーパー、飲食店などに届ける。(place) そしてテレビCMやキャンペーン活動で宣伝しする。(production)   といった感じでコカコーラが何をやっているか”流れ”が見えてくる。   企業がどういう”流れ”でビジネスをしているのか 「4P」で見てみると世の中の世界観が変わってきます。   なのでまずはあなたの周り、または所属している会社が どんなビジネスをしているかを「4P」で確認してみると よいかもしれません。   会社の流れが見えてくると 自分がどの位置にいるのかが見えるようになり こなすべき課題が明確になるかもしれません。   話はそれましたが、 ビジネスの”骨組み”4Pはビジネスをしている すべての人に関係する概念なのでぜひ参考にしてみてください。    

ココロが動いたらシェアを♪